メルマガ登録

お名前:
Email:
image
image
image
image
image
image
image
image
image

運営者よりご挨拶

image

こんにちは。オーストラリアで、ナチュロパスと呼ばれる仕事をしています。ナチュロパスとは、ハーブやビタミンなどを使って、自然療法を施す専門職で、日本語では自然療法師と呼ばれます。薬局で、薬剤師さんと共に、健康を維持するためのアドバイスをしています。私の愛する自然療法を、オーストラリアから、日本の皆様にご紹介し、両国の橋渡しになれれば心よりの幸せです。
                                             ストーン美智子

ブログを読む

体の大掃除デトックス de 細胞の活性化プログラム

私自身、慢性的な炎症(子宮内膜症)持ちなのですが、できるだけ薬に頼らず、この炎症をコントロールするために、メディカルハーブをとったり、栄養素をとったりします。

体を温め、食事にも気をつけます。

こういうことをすることは、炎症をできるだけ暴れさせないために、とても役に立つのですが、自分の健康管理の経験上、最も大きな違いを生み出すのは、実はデトックスなんです。

実体験に基づいていますので、デトックスがいかに体を健康にするか、強調してもしすぎることはありません。

このデトックス、私のように慢性的な炎症持ちの方でなくても、する理由とメリットは数え切れないほどあります。

まず、なぜデトックスする必要があるのかについて考えてみましょう。


 

デトックスが必要な理由

私たちの環境は100年前とは全く異なります。100年前には、今ほど車や工場もなく、空気は汚染されていませんでしたし、工業廃棄物も海に流されてはいませんでした。

また、100年前に食していたものと、今の食べ物は種類も質も異なります。

昔は、自然な堆肥で畑を作り、旬に採れる野菜を食べていました。農薬や成長ホルモンによって、あるいは遺伝子組み替えによって、食べ物の大量生産もされていませんでした。

便利なレトルト食品、冷凍食品、保存料や着色料、合成化学調味料や人工甘味料が使われた、加工食品もありませんでした。

私たち現代人は、便利さを追求し、生活の質向上に励んできましたが、そのために自然環境を破壊し、テクノロジーによってコントロールし、地球の環境自体が100年前と全く異なります。

そのせいで問題となっている、例えば環境ホルモンと呼ばれる物質。

ゴミ焼却過程で出される有害物質ダイオキシン、PCBと呼ばれる、工場の機械などに使われる熱分解しにくい化学油脂などは、内分泌様物質と言われ、人体の中に入ると、性ホルモン(女性ホルモンや男性ホルモン)の様に振る舞い、不妊などの大きな影響を与えると言われます。

また、BPA(ビスフェノールA)と呼ばれるプラスチック容器に含まれる物質。私たちは、日常茶飯的に、コンビニや自動販売機から水やお茶を買って飲んだり、プラスチック容器に入ったコンビニ弁当を電子レンジでチンして食べたりしますね。

そして、その度に、このホルモンや神経を乱す物質、BPAを体の中に入れてしまっています。

また、体に有害な水銀などの重金属。工場廃棄物による海の汚染で、食物連鎖の上位にある大きな魚(マグロなど)には、残念ながら水銀含有値が高く検出されます。

歯の詰め物アマルガムにも水銀が使用されています。

水銀は脳や神経に有害で、水俣病の原因となったものですね。

このように、現代社会の日常生活から「毒」を切り離すこと自体無理な環境下で、私たちは日々暮らしているんです。

100年前にはあまり見られなかったアレルギー疾患が、今なぜこんなに多いのか、自己免疫疾患やがんの発症が増えたのか、という問いを考察してみると、それは私たちの体が変わったからではなく、環境や食べ物が変わったから、という答えが引き出せます。


 

「毒」は外からやってくるだけでなく、体の中でも作られる

体の中にある細胞は、代謝という活動を通してエネルギーを作ります。

呼吸によって取り入れた酸素は、この細胞がエネルギーを作り出す代謝活動の中で使用されます。

しかし、この細胞に取り入れられた酸素の約2%が、実は活性酸素になってしまうんです。これは、比較的健康的な生活をしていても普通に作られてしまいます。

この活性酸素は、体の酸化の原因となる元で、老化の原因とも言われます。

また、活性酸素は、特にストレスがあったり、喫煙や飲酒の習慣があったり、激しいスポーツをしたり、食品添加物や加工食品、紫外線、電磁波、化学合成品(薬や化粧品)、レントゲン検査、殺虫剤などが、体に入ってしまう時にも発生します。

活性酸素により、究極の細胞の酸化(つまり老化)が起こると、アテローム動脈硬化症、パーキンソン病、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー病、がん、慢性疲労症のような疾患を引き起こしやすくします。

ですから、細胞が、酸化から老化を進行させないようにする、防御体制が必要なんです。

体が酸化からの防御体制を固めるには、抗酸化作用のある栄養素を取り入れることは、とても有効な手段です。

栄養素は防御に役立ちますが、そもそも私たちの構成単位である細胞が、活性酸素という毒によって余計な負担を受けず、異常な働きをすることを防ぐために、 毒が蓄積されず、出て行きやすい道筋を、体の中で活性化させることも同時に大切です。

毒の効率よい排出を促すと、取り入れた栄養素も働きやすくなります。

デトックスは、毒を体に溜めないようにして、細胞のエネルギー代謝活動をスムーズにしてくれるので、体の代謝を高めます(つまり太りにくい体質を作る)。

そして、効率良くエネルギーを作り出すので、疲れにくい元気な体を作ります。

そして、病気を寄せ付けない体質を作ると同時に、細胞の酸化を防いで、老化を防ぎ、アンチエイジング対策になります。

さらに、デトックスは、軽快な体を作るだけでなく、頭もクリアにし、思考力や集中力も高めます。そして、心の洗濯もしてくれます。中から感情が出てきて、内的気づきが高まったりします。

体のデトックスは、大晦日の大掃除のようなものです。家の中の溜まった要らないものを捨てて、新しい気(エネルギー)を取り入れるんですね。


 

次のような方にデトックスを強くおすすめします!

慢性疲労、疲れやすい

風邪をひきやすい、または風邪が治りにくい

体がだるい、やる気が出ない

眠れない

消化不良、胃がもたれやすい、胸焼けする

便秘や下痢をしやすい

お腹が痛くなりやすい

頭痛持ち

イライラしやすい、集中できない

筋肉や関節、体のあちこちが痛む

慢性的肩こり、腰痛

冷え性

太り気味で痩せたい

ニキビが気になる

アトピー性皮膚炎、花粉症、じんましんなどの、アレルギー疾患を起こしやすい

体がむくみやすい

いつも元気で若々しくありたい(=アンチエイジング)

健康な赤ちゃんを授かりたい、妊娠準備をされている方に(女性も男性も)


もちろん、何の問題がない方にも、ますます健康でいるために、デトックス、おすすめします!


 

具体的に何をするのか?

いろんなやり方でデトックスできますが、私が色々試して、誰にでも簡単で、我慢することなく、効率良く毒出し出来ると思う方法をお伝えします。

それをするには、どんな食べ物を食べ、どんな食べ物を減らした方がいいのか、はとても大事ですが、それと同時に、体の解毒に関わるメジャーな臓器とシステムを活性化して、体の中から毒が出て行きやすい道筋を作ります。

体の解毒に関わるメジャーな臓器とシステムとは、肝臓、腎臓、腸、そしてリンパ系です。これらの働きを活性化することで、その他の解毒と関わる器官、肺や皮膚の働きも促進することにつながります。

そして、生活習慣やライフスタイルなどのアドバイスもします。

もし、慢性的な炎症や疲労があられる場合には、デトックスすると同時に、細胞のエネルギー代謝活動を活性化することをお勧めします。

あるいは、胃腸の働きが弱い方には、デトックスする前に、胃腸の働きを修復し、活性化することをおすすめします。

お一人お一人の目的や状態(持っていらっしゃる疾患)により、その方にとって一番安全で、効率良くデトックスできるように、カスタマイズさせていただくご提案もいたします。

そしてこのデトックス・プログラムは、3ヶ月に一度、4ヶ月に一度、半年に一度、一年に一度など、それぞれの方の体の状態や目的で、期間を調整して定期的に行うと、毒を溜めずに元気な体を維持することができます。

コンサルテーションの流れについては、こちら をご覧ください。

ご質問は、こちらからお問い合わせください。


 

 

自然療法に関する情報更新中!ストーン美智子のブログはこちら>>