メルマガ登録

お名前:
Email:
image
image
image
image
image
image
image
image
image

運営者よりご挨拶

image

こんにちは。オーストラリアで、ナチュロパスと呼ばれる仕事をしています。ナチュロパスとは、ハーブやビタミンなどを使って、自然療法を施す専門職で、日本語では自然療法師と呼ばれます。薬局で、薬剤師さんと共に、健康を維持するためのアドバイスをしています。私の愛する自然療法を、オーストラリアから、日本の皆様にご紹介し、両国の橋渡しになれれば心よりの幸せです。
                                             ストーン美智子

ブログを読む

Herbal Medicine

ハーブ療法の基本コンセプト



ハーブ療法の3つの基本コンセプト


ハーブ療法は、3つのコンセプトに基づきます。


1. 体本来のバランスを取ろうとする働きをサポートする


2. 体の解毒機能と排泄機能を高める


3. 免疫力をつける



ハーブ療法は、この3つのコンセプトを基に、病気を予防し、健康を維持することを目的とします。




体のバランスを取る


体には本来、体内の状態を保とうとする働きがあります。

たとえば、体温を一定に保とうとする働き、血糖値を安定させようとする働き、血圧を一定に保とうとする働きなどです。

これを体の恒常性あるいはホメオスタシスと呼んでいます。

ハーブは、この体のバランスを取ろうとする働きをサポートしてくれます。

体のどこかにバランスを失ったところがあれば、バランスを取り戻すよう働きかけてくれるのです。



解毒と排泄機能を高める


またハーブは、体の解毒と排泄の機能を高めることで、悪いものを体に溜めないようにしてくれます。

体をクリーンな状態に保てば、血液の循環もスムーズに運び、取り込んだ栄養も吸収しやすくなります。

栄養を取り込んで、いらないものをきちんと排泄できれば、体は健康を維持することができます。



免疫力をつける


さらにハーブは、体本来に備わる自然治癒力を高め、免疫力をつけるサポートをしてくれます。

体の免疫機能は、体の恒常性(ホメオスタシス)が維持されている時、きちんと発揮されます。

たとえば、アレルギーや自己免疫疾患、さらに癌などは、体の恒常性が維持され、免疫系が機能していれば、発生しにくいものです。

ハーブは、体本来に備わる免疫力を活性化し、健康を維持できるよう働きかけてくれます。