メルマガ登録

お名前:
Email:
image
image
image
image
image
image
image
image
image

運営者よりご挨拶

image

こんにちは。オーストラリアで、ナチュロパスと呼ばれる仕事をしています。ナチュロパスとは、ハーブやビタミンなどを使って、自然療法を施す専門職で、日本語では自然療法師と呼ばれます。薬局で、薬剤師さんと共に、健康を維持するためのアドバイスをしています。私の愛する自然療法を、オーストラリアから、日本の皆様にご紹介し、両国の橋渡しになれれば心よりの幸せです。
                                             ストーン美智子

ブログを読む

Australian Bush Flower Essences

ポジティブとネガティブについて


人の心の「ポジティブ」と「ネガティブ」は、もしかしたら、電流の「プラス」と「マイナス」と、そう変わるものではないのかもしれません。

お互いがバランスをとってうまく流れていくものなのかもしれません。


二面性の世界に生きている私たち


私たちは二面性の世界に生きています。「冷たい」と「温かい」、「狭い」と「広い」、「暗い」と「明るい」、「長い」と「短い」、「速い」と「遅い」、例を出せばきりがありませんが、両極の違いがあって、物や状態を判断するようできています。

冷たさを知らなければ、温かさとは何かわかりません。

速いものがあるので、遅いものを認知できます。

同じように、人の性格や感情にも、二面性があります。

ネガティブな面とポジティブな面です。

誰しも100%ポジティブだけにはなれません。

そもそも、 ネガティブな状態を知らなければ、何がポジティブなのかもわかりません。

ですから、それだけでネガティブの存在は無価値なものではありません。



ネガティブは悪者?


image

通常、ネガティブは悪いものとされ、ポジティブは良いものとされているので、人は自分のネガティブな部分を隠そうとし、目をそらし、抑圧しようとします。


例えば、何かに対して強い怒りがあったり、悲しい感情があったりすると、それは良くないものだ、外に見せるものではないとして、ふたをしてしまいます。


そして自分の中に抑圧してしまいますが、抑圧し閉じ込めてしまえばしまうほど、内でさらに強い力を増し、それは何かの形で表現されようとします。

たとえば、肉体の症状として現れたり、性格的なゆがみとして現れたりします。

だとすると、性格的欠点は、自分の中の敵ではなく、愛情と受容を真に必要としている自分の傷ついた部分の現れだと言えます。

たとえば、傲慢な部分、恥辱感と罪悪感に苛まれた部分、犠牲者的な部分、支配的な部分、逃避的な部分、人や何かに依存しようとする部分は、自分の中の抑圧された傷ついた部分が、外に表現されたものです。

しかし人は、無意識のうちに自分のネガティブな部分に指揮をとられ、結果として、なぜ自分はこうなのだろうと自責の念に陥ったり、誰かや周囲のせいにしたり、そこから目をそらすために中毒的行為に走ったりします。

この悪循環にストップをかけるためには、こうして形成された自分のネガティブな部分を否定することではなく、自分の一部として認めることです。

原因が何であれ、ネガティブな部分はすでに自分のものであり、それを受け入れ許すことで、ネガティブな部分に自分のパワーを譲り渡すことなく、ネガティブとポジティブの統合をはかることができます。


ネガティブな面から自分を知る


ネガティブとポジティブは全く異質のものではなく、同質のものの究極の反対です。

つまり、ネガティブに傾いている現在のあなたがいるとしたら、その資質の同じ線上にあるポジティブ側にもいくことができるということです。

ネガティブなものを持ったあなたは、その資質のポジティブなものも潜在的に持っています。

ですから自分のネガティブな面に向き合い、それを素直に認め、受け入れることは、自分を真に理解することにつながり、さらには秘めた潜在能力を開拓することにつながります。

もし自分のネガティブな面を知らなければ、自分の潜在的ポジティブな面も見ることができません。

ですから、自分の中のネガティブな部分は、あなたにとって有効な協力者であり、先生でもあったりします。



自分を愛する


image

ときにネガティブな部分と直面することは、辛いことかもしれません。

しかし、自分のネガティブな面を直視することは、自ら自分に対して責任をとることであり、自分の闇の部分と対峙してはじめて、自分の光の部分を知ることができます。

そして新たな自分を発見することでしょう。

非のない完璧な人は誰もいません。

そして完璧になろうとがんばっても疲れるだけです。

本当の意味で完璧な自分とは、自分のすべての面を容認し、真の自分に気づくことです。

ネガティブとポジティブの両方を認め、自分のものと受け入れることができたとき、完璧な自分になることができます。

そして、自分を心から慈しみ、愛することができるようになります。